あなたの肥満の原因はなんなのでしょうか。両親が肥満な場合は遺伝、最近環境が変わった人ならストレス、新婚なら幸せ太り…と、肥満にはいわゆる「食べすぎ」以外にもさまざまな原因があるのです。

ストレスや食べ過ぎの男性たちと肥満女性の写真

肥満の解消にフルーツグラノーラとうどんを活用

肥満になりやすい人は、食生活で脂肪分の多いメニューを多く摂っている傾向があります。
日本人は脂肪の代謝力が欧米人よりも低いので、欧米食が中心となると太りやすくなります。
肥満を抑えるためには日本食がベストなので、減塩を心がけた日本食を取り入れましょう。
塩分を摂りすぎると高血圧になり、動脈硬化を促進させるの
肥満を解消するメニューとしては、フルーツグラノーラも役立ちます。
フルーツグラノーラには食物繊維がたっぷりと含まれており、牛乳と一緒に食べることでカルシウムも摂取できます。
牛乳が苦手な方ならば、豆乳を利用するのもいいでしょう。
豆乳は脂肪の燃焼を促してくれる飲料なので、牛乳の代わりに飲むのもいいです。
大豆イソフラボン、レシチン、サポニンなど、肥満を抑制する成分がたっぷりと含まれています。
繊維質が不足すると、体内に老廃物をためることになります。
毒素を排出させるためにも、繊維質の豊富なフルーツグラノーラは最適です。
毒素が蓄積した身体は、脂肪が非常に燃えにくいです。
有害ミネラルや乳酸などの毒素の周辺には、脂肪がたまりやすい傾向があります。
肥満を解消するには、脂肪の摂りすぎを防ぐことが大切ですが、それと同じくらい脂肪の燃焼力を高めることも大切です。
うどんなどのめん類を活用すると、脂肪の摂りすぎを防ぐことができます。
うどんの栄養価のほとんどは炭水化物であり、これはいわゆる糖質のことです。
脂肪分はほとんど含まれていないので、1日1食をうどんにするだけで肥満を抑制できるのです。
ただし、脂肪を摂りすぎていなくても、炭水化物の摂りすぎも肥満を招きます。
暴飲暴食は避けて、腹八分目でやめておくのがダイエットの秘訣です。