あなたの肥満の原因はなんなのでしょうか。両親が肥満な場合は遺伝、最近環境が変わった人ならストレス、新婚なら幸せ太り…と、肥満にはいわゆる「食べすぎ」以外にもさまざまな原因があるのです。

ストレスや食べ過ぎの男性たちと肥満女性の写真

肥満とアフリカマンゴーと下腹部について

肥満は健康にもマイナスの要素となりますから、ダイエットをして標準体重を目標にしましょう。下腹部が特に太るのは、それなりの理由があります。特に女性の場合は元々男性よりも脂肪がつきやすくて、年齢を重ねるごとにお腹にも脂肪は蓄えやすくなります。基礎代謝も加齢とともに低下して、下腹部は肥満になりやすいです。内臓疾患の胃下垂との関連性も考えられますから、この場合は病院で専門医より、正しい指導を仰ぐ執拗はあります。
下腹部の肥満については、腹筋の筋力が低下していることも考えられます。腹筋の筋力が弱くなると、内蔵のある位置は下へと下がります。筋肉が弱くなってしまい、内蔵を正式な場所では支えきれなくなったためです。無理のない運動をして腹筋はある程度鍛えるようにして、お腹の筋力を高めることが大切です。ほかにも下腹部の肥満で考えられて、ダイエットを阻害してしまうのが便秘です。腸の蠕動運動の働きが弱くなって、便秘は起こりやすくなります。
ダイエットに良いと、アフリカマンゴーが注目をされています。レプチンは満腹中枢を適度の刺激をして、体内で脂肪分解をします。アフリカマンゴーにはレプチン分泌の量を、なんと2.6倍も多くさせる作用があります。レプチンの増加によって満腹のシグナルが脳に送られれば、食べ過ぎを予防することができます。アフリカマンゴーは食欲のコントロールもできるという優れた強みをもっています。
アメリカでは素手のアフリカンマンゴーの濃縮エキスを利用して、サプリが販売されており、実際に利用者も多く存在します。アメリカでのヒットは、日本にも情報が伝わり、今ではアフリカマンゴーはダイエットでも注目されています。