肥満の原因を知らずにダイエットするのは危険

あなたの肥満の原因はなんなのでしょうか。両親が肥満な場合は遺伝、最近環境が変わった人ならストレス、新婚なら幸せ太り…と、肥満にはいわゆる「食べすぎ」以外にもさまざまな原因があるのです。

ストレスや食べ過ぎの男性たちと肥満女性の写真

ダイエット開始前に自分の肥満の原因を突き止めろ

ダイエットは効率よく計画的に行いましょう。
失敗してしまう方は自己流の方法で挑戦していることが多いのです。
そこでオススメなのが、通販でお得に購入できるダイエットピルです。
これを服用すると、無理なく効果的にダイエットできる事と思います。
確かに食べる量を減らせば痩せることは可能でしょう。
しかし、具体的にどのカロリーを減らすべきか把握することも大切です。
脂肪をあまり摂らない方は、脂肪ブロック型の肥満治療薬を服用してもあまり効果は得られません。
自分が一番摂取しているカロリーを知っておくことは大切なのです。
タンパク質に関しては、筋肉を活性化させるために欠かせないため、特別な理由がなければ制限はしないほうがいいでしょう。
脂肪と糖質は制限する必要がありますが、無理に制限してはいけません。
脂肪は肌を保湿して乾燥を防いだり、便秘を予防したりする作用があります。
糖質は脳の栄養素であり、不足すると集中力が低下します。
朝御飯を食べないと仕事の効率が下がると言われていますが、これは糖質が不足してしまうからです。
食事の量が適正なのに太ってしまう方は、加齢による代謝低下が原因かもしれません。
代謝は年とともに衰えるので、身体を温めたり運動したりする対策が必要となります。
緑茶やコーヒーなども脂肪燃焼のために役立ちます。
肥満を解消するためには、代謝力を下げないことが大切なのです。
30代になって急に体重が増えた方は、食べすぎよりも代謝低下による肥満の可能性が高いです。
中年世代になると運動なしで痩せることが難しくなります。
ぽっこりとお腹が出てきて、体重を落としてもお腹が引っ込まなくなります。
こうした場合は腸内環境が乱れており、便秘体質になっている可能性があるので、腸内環境を正常化させる対策が必要になるでしょう。
ヨーグルト、食物繊維たっぷりのシリアル、オリゴ糖、ビール酵母などを活用しましょう。

◎肥満からの脱却には痩せ薬がオススメです
ゼニカル